やま猫SOMETIMES

やまだ紫クロニクル

せけんなど、どうでもいいのです。おひさまいっこ あれば

やまだ紫詳細年譜

2000年代

*写真はポインタが変わるものは拡大表示されます。
  • 2000年 平成12年 52歳 青林堂より復刊した月刊『ガロ』1月号から「招く猫」毎月8ページ連載(~10月号)。
  • 10月、やまだ紫オリジナル猫ラベルワイン発売。

    wine_s.jpg(19272 byte)
  • 12月、中央公論社より「マンガ日本の古典」『お伽草子』文庫版上梓。
  • 2001年 平成13年 53歳 筑摩書房版に描き下ろし・未収録作品を加えCD-ROM版『樹のうえで猫がみている』としてデジパッドより刊行。
  • ▼CD-ROM版『樹のうえで猫がみている』のトップ画面。
    kinouecd.jpg(87756 byte)
  • 4月21日、新宿ロフトプラスワンでトークライブ「やま猫SOMETIMES」。ゲストは詩人・井坂洋子、評論家・上野昂志、白取。
  • loftlive2001_s.jpg(33100 byte)
  • 5月、神保町に友人の多田一久氏が古書「虔十書林」オープン。描き下ろしたイラストが看板や袋に入れるロゴ、イラストに使われた。
  • kenju_s.jpg(42077 byte)
  • 2002年 平成14年 54歳 3月、12年前の誤診による膵炎放置の影響から発症した一型糖尿病がインスリン自己注射となる。
  • 右腎臓に腫瘍(腎血管筋脂肪腫;良性)がみつかり、摘出手術。以後術後の後遺症に苦しむ。

    ▼手術直前、初孫のMと病床で。
    yamada2002.jpg(64424 byte)

    3月22日、白取と正式に入籍・結婚、白取三津子となる。

    後遺症による激痛と不眠、栄養不足でたびたび入院。以後抑鬱状態となる。

  • 2003年 平成15年 55歳 4月、オブティン・フューチャー発行隔月広報誌「Sara」にカラー2ページの漫画「まどろみの夢」を連載開始(3号まで)
  • madoromi01_s.jpg(37265 byte)

    ▼ようやく手術後の後遺障害から立ち直ってきた頃。
    yamada2003.jpg(59570 byte)
  • 2004年 平成16年 56歳 3月、コスモス短歌会の「コスモス」4月号より毎月詩画集「見上げれば虹」連載開始(~2006年京都精華大教授就任で休載;思潮社版『樹のうえで猫がみている』に収録)
  • 11月、コミック+エッセイの新刊『愛のかたち』(PHPエディターズ・グループ発行/PHP研究所発売)上梓。
  • ▼年末、刊行打ち上げで花束をいただく。
    yamada2004_s.jpg(33965 byte)
  • 2005年 平成17年 57歳 体調すぐれず、たびたび入院をする。
  • この年夏、健康診断で夫・白取が白血病の診断と余命一年未満という宣告を受け入院。途中でタイプが違うと判明し、無治療にて退院。

  • 2006年 平成18年 58歳 2月、吐血入院。「原因不明」と言われ、出血箇所も不明のまま退院。
  • 体調も回復基調にあり、4月より京都精華大学マンガ学部専任教授に就任。京都へ隔週通勤。
  • 2007年 平成19年 59歳 4月・新年度より、大学への通勤が毎週となる。7月、通勤は無理と判断し東京から京都へ転居。
  • ▼転居後、比叡山延暦寺で実姉・実母と。
    yamada2007.jpg(76616 byte)
  • 2007年 平成19年 59歳 9月、「ダ・ヴィンチ」で歌手・一青窈さんの対談連載に掲載(2号に渡る)。
  • ▼「ダ・ヴィンチ」2007年11月号。
    hitotoyo_s.jpg(23613 byte)
  • 2008年 平成20年 60歳 9月5日、還暦を迎える。京都転居以降、体調はすこぶる良好。
  • ▼白取の実母と。
    yamada2008.jpg(59849 byte)
  • 2009年 平成21年 2月、夫婦で南紀白浜~奈良旅行。最後の旅行となった。
  • ▼南紀白浜・旅館むさしで料理を前にご満悦のやまだ紫。
    yamada2009shirahama.jpg(126093 byte)
  • 4月26日午前2時過ぎ、自宅で脳内出血を起こし病院へ搬送・手術。
  • 5月5日午前4時16分、京都大学付属病院脳外科病棟にて、永眠。60歳。
  • ▼精華大の学生さんらが折ってくれた千羽鶴と共に。
    yamada2009-0505.jpg(44561 byte)

    絶筆は「別冊太陽 親鸞」掲載のエッセイ「遠い哲人」となった。

    ▼精華大の研究室、主亡き後。
    daigaku.jpg(63049 byte)
1990年代へ戻る
Copyright (c)Yamada Musaraki ; Yamada yuu ; Chikao Shiratori all right reserved.
漫画家・詩人でもあった、やまだ紫(2009年5月5日歿)の作品リストや、年譜などがご覧いただけるページです。
ご連絡は夫・白取千夏雄か、著作権継承者である次女・山田ゆうまで。