やま猫SOMETIMES

やまだ紫クロニクル

せけんなど、どうでもいいのです。おひさまいっこ あれば

やまだ紫クロニクル

全著作書肆データ

*Cはカラー=色、1Cなら単色、4Cなら印刷CMYKカラー、上製はハードカバー。
*PPはカバーにビニールがけ、カバーを外したところが通常は「表紙」。表紙の裏が「見返し」。
*クロスとは以前は文字通り上製本を布で保護したもの、現在はコスト事情から「紙クロス」が殆ど。
*ノンブルとは印刷されているページ数のこと。また帯やスリップなど本文以外の部分を「ツキモノ」と総称。


性悪猫(しょうわるねこ)

性悪猫 書肆データ
showaru1980.jpg(164995 byte)
1980(昭和55)年8月15日初版
発行所… 青林堂
ISBNコード… なし(当時はISBNなし)
定価… 950円
判型… A5判;上製
カバー・ツキモノ… 4C;PP/帯無し
表紙… 布クロス;箔押しあり
見返し… あり;印刷=1C
その他… 本扉なし、口絵ペラ4C/0
本文… 目次2;初出一覧なし;解説なし;奥付1
総ページ数… 96P;2C1折・残スミ1C
収録作品 ノンブル 初出媒体 初出号数
口絵 1(裏白) 描き下ろし
1
目次 2
カット 4 未発表(描き下ろしに非ず)
野良 5
13
日向 14
天空 15
ときどき日溜まで 17 ガロ 1979年2/3合併号
以上、2C
柳の下 23 ガロ 1979年4月号
さくらに風 29 ガロ 1979年5月号
山吹 37 ガロ 1979年6月号
45 ガロ 1979年7月号
梅雨 51 ガロ 1979年8月号
残暑 59 ガロ 1979年9月号
八月 65 ガロ 1979年10月号
おーい 71 ガロ 1979年11月号
山の水 79 ガロ 1980年1月号
窓の外 85 ガロ 1980年2/3合併号
ひかげ 89 不明 不明
奥付-白 95-96

カバー表題含めた画稿はやまだ紫本人によるもの。従って「装幀=やまだ紫」と言えるかも知れない。

見返しにはやまだが描きためていた猫の絵が散りばめられていた。

担当編集者は長井勝一ガロ編集長夫人の香田明子で、猫好きという共通点もあった。

カバーに使った油彩画の猫は香田夫人に贈呈したと聞いている。ご自身も油彩を描かれる香田さんからは人形の絵を頂いた。

ちなみに処女作品集は従来本人もブロンズ社「鳳仙花」であると認識していたが「性悪猫」が奥付日付によって先になる。 1969年「COM」デビューから初単行本化がここまで遅れたのは、結婚、出産による休筆期間があったため(本人談)。

刊行から何年経っても毎月確実に売上げの上位を占め、定期的に再版がかかるという零細版元には理想のタイトルであった。

人には好みや過ごした時代、思いによる補正があるが、個人的には小説や詩も含めた全てのベストに、間違いなく入る一冊。

後にちくま文庫化されたものは、この青林堂版に新たにいくつかの作品が加えられ「新編・性悪猫」となった。【白】

shouwaruneko80-2009.jpg(16701 byte)

【全作品集書肆データTOPに戻る】


Copyright (c)Yamada Musaraki ; Yamada yuu ; Chikao Shiratori all right reserved.
漫画家・詩人でもあった、やまだ紫(2009年5月5日歿)の作品リストや、年譜などがご覧いただけるページです。
ご連絡は夫・白取千夏雄か、著作権継承者である次女・山田ゆうまで。